セラピューティック・ケアをご存知ですか?

AJ152_L

手のぬくもりを相手に伝えることでお互いの心が落ち着き、温かな気持ちになれます。

福岡県在住の秋吉美千代先生がイギリス赤十字社より教本を託され日本に伝わり15年を迎えました。現在ボランティアを通し九州を中心にさまざまな施設、病院、学校、会社に広がっています。講習会やスキルアップもあり、日本セラピューティックケア協会で資格を取得することもできます。

私はこのケアに出会って気持ちが安らかになりました。心が癒されたのです。

昔から自分が良いと思ったことは、お節介ですが人に伝えたくて、3年かけてセラピューティク・ケア療法士の資格を取得しました。

まずは、足利市の方に知って頂きたいと、昨年から始めた入門コースでは20名の方が修了されています。また入門コースを修了された方はセラピストコースを受講でき足利市で8名のセラピストが誕生しました。

埼玉支部の緒方講師、神奈川支部の西川講師、東京支部の五十嵐講師、鈴木講師のご協力あっての展開でした。

セラピストになられた方々は県内の病院や施設やご近所でこの心温まるケアをはじめています。

セラピューティック・ケアは乳幼児から親子で始めるインファントセラピーや、認知症のBPSD(問題行動)に有効とされています。

ボランティアとして足利市内の幼稚園や病院、市外の特別養護老人ホームを訪問しております。
皆様より「手が温かくて気持ちいいね。」と笑顔で言葉をいただいたり、楽にして受けて頂くので施術中眠ってしまう方もいらっしゃいます。

笑顔あふれるこのケアが多くの方に届きますように。という気持ちでサロンを開きました。

エフルラージュ(波のような一定のリズムのマッサージ)とニーディング(こねるようなマッサージ)で構成される柔らかな手の動きで今までにない体験をしてみませんか。頭から背中にかけて施術するネック&ショルダーケア、指先から肘までかけて施術するハンド&アームケア、足首より膝上10cmまで施術するレッグケアから選択できます。初回はケアの説明やお客様カルテを作成いたしますので施術時間の違いがあるのに何故同じ料金と思われるかもしれませんが来店いただければご理解いただけるとおもいます。

自分が受けたい方と自分が施術したい方どちらの方も個人を大切にしたケアをさせていただきます。ほっとサロンをよろしくお願いいたします。

代表   春山 裕子

 

関連記事

ページ上部へ戻る