足利市民会館にて第8回入門コースを開催いたしました。

DCIM0630

認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会の修了証を受講生10名の方へ
渡すことができました。当協会セラピスト4名の参加もあり、手のぬくもりのあたたかさを
参加された方皆様が実感され充実した1日となりました。
デイサービスわかくさ、かかぼ様より5名の方が熱心に受講され、
4月には施設セラピストコースを受講されますので、栃木県第1号の施設セラピストとなります。
これは、スタッフ全員がセラピューティック・ケアを施術できますので、利用者様にいつでも、
どこでも手のぬくもりケアができBPSDの改善につながります。
施術するスタッフ側もオキシトシンホルモンの効果で人間関係が円満になっていきます。
介護は大変なイメージばかりをメディアが取り上げるので、不安を煽っているように感じます。
自分の親、義理の親、が認知症で少しずつこどもがえりをするのはつらいですが、
親に産んでもらわなかったら、今ここに自分は存在しません。感謝の気持ちと
年上の方には尊厳をもって対応することで、状況は変わるのです。
自分ができることからでいいのです。
まず、相手をあきらかに認めてみることから
はじめてみませんか?

関連記事

ページ上部へ戻る