栃木県に施設セラピストとして認定される那須中央病院介護老人保健施設同仁苑

%e9%82%a3%e9%a0%88%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e7%97%85%e9%99%a2%e5%90%8c%e4%bb%81%e8%8b%91%e6%96%bd%e8%a8%ad%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%82%b9%e3%83%88%e4%bf%ae%e4%ba%86%e7%94%9fp_20160912_130436123055

9月に入り2日間で那須中央病院介護老人施設同仁苑では、認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会の施設セラピストコースを受講されました。各フロアの師長さん主任さんお疲れ様でした。講師を担当させていただいた2日間がとても充実していて受講した皆さまが講義、実技に集中され、それぞれの方が手のぬくもりの素晴らしさに気が付き今後の研修会や家族会で活かしたい。研究発表につなげたいなど個々の想いを率直に表現されチームの団結力を感じました。栃木県内では、はまやグループ株式会社に続けて2件目の施設セラピスト認定となります。同仁苑をご利用されている方やそのご家族に優しい施設。県北の地域の皆様にセラピューティック・ケアが浸透するのもそう遠くない未来となりそうです。今回の講座を研修として取り入れてくださった看護部長さん、事務長さんに感謝申し上げます。 栃木支部長 春山 裕子

関連記事

ページ上部へ戻る